〈身体を動かしてれると手がしびれる〉

昨日、40代の女性の方が初めて当院に来院されました。約1か月前から腕から手にかけてのしびれがあり、病院を受診し首のレントゲンを撮ったところ特に異常は見つからず様子を見ることとなりましたが、1か月経っても改善しなかったので当院にこられとのことでした。手のしびれは常にではなく家事をしているとピリピリしてきて、少し休むと治まるそうです。

原因は何でしょうか?頸椎のレントゲンは撮っているので重大な病気はなさそうです。もちろんもっと詳しく診断するにはMRIでないとダメですが。

ポイントは『身体を動かすとしびれ、休むと改善する』ことです。

手のしびれでよくある問題は首の付け根や鎖骨周辺です。腕に行く神経は首から鎖骨の下を通りますが、この部分で筋肉が神経を圧迫することがあります。この症状を『斜角筋症候群や胸郭出口症候群』と呼ぶことがあります。それらを判別するテストを行うと陽性の反応がでるので、おそらくこの方の問題はこれらの可能性が高いと思われます。

「斜角筋」という呼吸を助ける筋肉が鎖骨の上あたりにあります。

身体を動かすと呼吸が早くなるのでこの筋肉は緊張します。緊張して硬くなった筋肉はそこの周辺の神経を圧迫します。すると腕や手がしびれます。長く正座をしていると足がしびれますが、これは膝裏の神経を圧迫したからです。休むとしびれが治まるのは、呼吸が正常になり筋肉も緩んでくるので神経が圧迫から解放されるからです。

とりあえず、その問題の斜角筋や周辺の筋肉の緊張を緩め、頸椎や胸郭のバランスを整えてみました。身体を動かしている場合のみのしびれなので、その場では改善できたか確認できませんが、次回の施術の時にお伺いしますが、なにか変化があれば良いのですが、いかに。

どちらにしても、普通はそんなに手のしびれは出るもんじゃないので、今までの蓄積がだいぶきていたんでしょうね。

カテゴリー