〈見た目がきれいでもゆがんでいる?〉

多くの方に整体院は「身体のゆがみ」を整える場所と認識されていると思います。身体のゆがみは腰痛や肩こりだけでなく、頭痛やしびれ、疲労、自律神経やホルモンの乱れ、内臓の働きさえも悪くさせてしまう可能性があります。できれば日々の健康のために身体のゆがみをなくし、バランスの良い身体にしたいものです。

我々整体師はそういった不調の原因になりやすい「身体のゆがみ」を整える技術を学び、実績を積み、そしてお客様の健康のサポートをさせていただいております。

多くの方に認識されている「ゆがみ」ですが、「ゆがみ」が具体的にどういったものなのかはご存じないかもしれません。

『ゆがみ』を辞書で調べてみると”形がねじれていること”と載っています。整体でいうゆがみは主に背骨や骨盤などの骨(骨格)が捻じれている状態をいいます。左右の肩の高さが違う、足の長さが違う、猫背、O脚X脚、ストレートネックなどこれらは明らかに見た目が曲がっています。

しかし、見た目が曲がってなく真っすぐでも「ゆがみ」と言えるものがあるんです。

それが「動きのゆがみ」です。本来関節(骨)は動くものですが、筋肉同様に硬く動きが悪くなる場合があります。

筋肉は全てどこかしらの骨にくっつき、ついた骨を動かします。例えば、力こぶを作る上腕二頭筋は肩から肘につき、肘を屈曲させる働きがあります。

何らかの原因で肩関節や肘関節が硬くなり動きが悪くなると、そこについている二頭筋も動き・伸びが悪くなります。すると二頭筋も硬くなり、痛みを発するようになります。他にも肩甲骨の動きが悪くなれば肩首のコリが発生しやすく、骨盤の動きが悪くなれば腰が痛むかもしれません。

このように、見た目が曲がっているゆがみは痛みを作る原因になりますが、真っすぐでもこういった状態になっていれば痛みが発生しやすくなります。

カイロプラクティックの検査法に「スタティックパルペーション」と「モーションパルペーション」というものがあります。

前者は位置のゆがみを見つけるもの、つまり見た目のずれを判別できます。後者は動きのゆがみを見つけるものです。

カイロプラクティックに精通する整体師はこれらを扱え、見た目に騙されない、痛みの原因を見つけることが出来ます。


病院で背骨のレントゲンを撮り、医者にまっすぐな背骨と言われても、左右の肩の高さが揃っていても、O脚じゃなくても、あなたの身体はゆがんでいるかもしれないというわけです。

当院はそういった見た目に騙されない問題も見つけることが出来ます。気になっている方がいましたら是非ご連絡ください。

カテゴリー

アーカイブ