〈更年期障害に整体が効くのか?〉

私も6月で45歳になります。40代に入ると身体の衰えがゆっくりと始まりますが、私もいろいろと自覚してきました。健康であることが当たり前だった20~30代とは違い、40代になると色々と努力をしていかないと健康を維持することが難しくなります。運動、食事、規則正しい生活、そして身体のメンテナンス。

40代半ばを超えると更年期障害が始まります。これは女性によくみられるものですが、男性にも起こります。

更年期障害は中高年期に入る際に経験する身体的および精神的な変化や症状のことです。ホットフラッシュ、不眠、イライラ感、気分の落ち込み、身体の痛みなどが含まれます。

更年期には女性ホルモンの変化が関連しており、これが症状の原因となります。症状は個人差があり、一部の人には軽度であり、他の人には生活の質に影響を与えるほど重度になる場合もあります。

当院に来院されているお客様の中にも当てはまる方が数人いらっしゃいます。

ではこの更年期障害に整体が効くのか?

整体で更年期障害を改善できるとは言えませんが、緩和される方が多いです。その理由は以下です。


1.筋肉の緊張を緩和する

更年期障害には、筋肉の緊張が関連していることがあります。整体によって身体の筋肉や組織の緊張を緩和することで、ホットフラッシュやイライラなどの症状が軽減される可能性があります。

2.血液の循環を改善する

整体によって血液の流れが促進されますが、良好な血液循環は体内のホルモンのバランスを整えるのに役立ち、更年期障害の症状を緩和する可能性があります。

3.自律神経の調整

整体は自律神経系に働きかけることができます。更年期障害はホルモンの変化によって自律神経が乱れることが関連していますが、整体によって自律神経のバランスが整えられると、症状の軽減につながるかもしれません。

4.ストレス軽減

更年期障害はストレスと密接に関連しています。整体はストレス軽減にも役立ち、更年期障害に伴うストレスを軽減することが期待されます。

以上の理由から更年期障害にも整体が有効と思われます。こういったお悩みがある方はお気軽にご相談ください。

カテゴリー

アーカイブ