〈身体の歪みは健康に戻ろうとする反応を邪魔をする〉

『可逆性』という言葉を御存じでしょうか?

ある変化が起きても、特定の条件を満たせば元の状態に戻ることを指します。例えば、水を凍らせて氷にするプロセスは可逆です。氷を溶かして水に戻すことができます。しかし、燃焼によって木材を燃やすプロセスは不可逆です。一度燃やした木材を元に戻すことはできません。

これを身体に例えると、怪我や骨折、風邪などがありますが、自然治癒力により元の健康な状態に戻ります。可逆性がうまく働いたということです。しかし、肩こりや腰痛、手足のしびれ、頭痛、生理痛などの症状はこの可逆性がうまく働かず、元の健康な状態に戻れないことがあります。

身体のゆがみがその原因の一つです。整体は身体のゆがみや不調を改善し、元の健康な状態に戻す手段の一つですが、他の要因も考慮する必要があります。例えば、運動不足、不規則な生活リズム、ストレス過多、栄養不足などが挙げられます。これらがあると整体を行っても可逆性がうまく働かず、スムーズに健康な状態になってくれません。

整体は不調を改善させる1つではありますが、不調の改善や健康を維持するためには、やはり生活習慣の見直しが必要です。生活習慣を変えることは簡単ではありませんが、少しづつ変えていきましょう。まずは湯舟にまったく入らないのであれば、そこから変えていってみてください。やはり湯舟にゆっくり浸かる、浸からないは大きく改善に影響が出てきますからね。