〈梅雨時期の身体の不調の原因〉

あともう少し経つと梅雨時期にはいります。梅雨に入ると体調が悪くなる方が増え、当院にも来院される方が増えます。

梅雨になると多くの人が古傷が痛んだり、ひざなどの関節が痛んだり、神経痛が出たり、腰痛や肩こり、また全身の倦怠感が出たりすることがあります。なぜ梅雨時期になるとこういった不調が出るのかと言いますと、それは気圧と湿度の影響です。その理由を以下にまとめました。

1.気圧の変動
梅雨時期は低気圧が多くなるため、気圧の変動が頻繁に起こります。これにより、自律神経が乱れやすくなり、頭痛や倦怠感を引き起こすことがあります。

2.湿度の高さ
高湿度は体温調節を難しくします。汗が蒸発しにくくなるため、体温が下がりにくく、体が疲れやすくなります。また湿度が高いと皮膚がべとつきます。すると皮膚代謝が低下し、疲れが抜けにくくなります。こまめに身体を拭くのがポイントです。

3.関節や筋肉への影響
気圧の低下や湿度の変化は、関節や筋肉に影響を与えることがあります。これにより、関節痛や筋肉のこわばりが生じることがあります。

4.メンタルへの影響
雨の日が多くなると、日照時間が短くなり、セロトニンの分泌が減少するため、気分が落ち込みやすくなります。これが精神的な疲れやストレスを増加させる原因となります。

5.睡眠の質の低下
湿気が高いと寝苦しくなり、睡眠の質が低下することがあります。十分な睡眠が取れないと、翌日の疲労感や集中力の低下に繋がります。

これらの要因が重なることで、梅雨時期には身体がつらいと感じることが多くなります。こういった不調は出てからだとなかなか引っ込んでくれないので、梅雨に入る前から整体などで身体をケアするとよいのです。